原価管理とは

原価管理

原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説

製造業における原価は、製品を作る際のコストを示すものです。しかし、原価にはどのような要素が含まれているのか具体的に応えられない方も多いでしょう。実際、原価は変動する費用と固定されている費用に分ける方法や形態別に分ける方法など様々な方法から検討できます。

 そこで、今回は原価の意味から種類、適切な管理方法について詳しくみていきましょう。とくに原価管理方法について、困っている方は参考にしてみてください。

製造業の原価とは

原価は製品を作成する際に発生した全てのコストをあわせたものです。たとえば、原価には以下の要素が含まれています。

 ・労務非・・・製品を作成する際に発生する人件費など

・材料非・・・材利の費用など

・経費・・・電気代、賃料、設備など

製品を作成する工程なども加味したうえで総合的なコストを算出しましょう。また、大きく3つに分けるだけであってもどの業務でコストが増大しているのか、利益に対する割合なども検討可能です。

製造原価は6つの傾向に分けられる

製造原価に関わる傾向は全部で6つあります。商品を作るために直接的に関係する直接費と製品を完成させる際に使用される間接費に分類したうえでみていきましょう。

直接 労務 製品を作成する際の従業員など。1時間当たりの時給計算が多い
  材料 アルミやスチールなど、布など製品を製作するために必要なもの
  経費 製造の委託、梱包する際の段ボールなど

直接費は、直接製品を作成するためのコストを指します。特に人員に関しては増大しやすく、残業代や各従業員に対する業務負担なども経営層は把握する必要があるといえるでしょう。

間接 労務 労務管理、生産管理など経営層の賃金なども計算する
  材料 染料や工具など、直接製品に関わらないもの
  経費 電気代など

 間接費は、工具や染料など、製品の機能性に直接影響するコストは含みません。しかし、コスト面からいえば、企業努力によって削減・効率化できるものもあります。

製造原価のコスト削減は現状把握がポイント

 製造原価は、大きく分けて直接費と間接費に分けられます。そのうえで、どのような部分にコストをかけているのかを把握してみましょう。

 たとえば、製品を作る材料費が適正だったとしても、人員の配置や人数が足りない状態であれば生産性は高まることはありません。また、設備そのものを新しくすれば、将来的な生産コストが下がる可能性も想定できます。

 そのため、現状把握からスタートし、改善を行う場合は、1つずつ改善策を検討・実施していきましょう。

原価管理とは

原価管理とは、製品1つ辺りの原価を管理し、売上に対する利益を増加させるために行う施策です。繰り返し、管理を行うことでコストを最適化し、企業の売上の確保と生じた原価の差を埋める対策を繰り返していきます。

 また、原価管理を行う場合、月間で必ず発生する固定費と変動する費用である変動費を検討したうえで適正な対策を練っていく必要があるため、人の手による計算が追い付いていないケースも少なくありません。そのため、原価管理は、最近では人の手ではなくシステムによって行われるケースも増加しています。

加えて、自社でシステムを管理するオンプレミス型とオンライン上でデータを扱うクラウト型に分かれるため、以下のような特徴を事前に把握しておきましょう。

・オンプレミス型・・・自社でサーバーやシステムを運用するため、コスト及び技術的なスキルと専門的に対応する人材が必要

・クラウド型・・・サーバーやネットワークといった設備、人材が不要

特にクラウド型に関しては、システムのセキュリティやバージョンアップなどはサービス提供者が行うため、利用者である製造業社はシステムに関する詳しい知識は必要ありません。

コストやスキル、リソースといったお金と時間が経営上の課題である場合は、クラウド型の導入を検討してみましょう。

生産管理システムを採用するメリット

原価管理は、大規模な工場になるほど管理が難しくなります。加えて、中小企業などであれば、数字の分析を細かく行っている時間がないというケースも少なくありません。

 そのため、生産管理システムを採用した場合のメリットについてみていきましょう。

1.機械的・データによるコスト管理

前述したコスト管理を人の手に頼らずに計算可能です。また、人の主観的な意見ではなく、データから判断したい場合もシステムが自動的に計算してくれるため、余計なコストを省くことが可能です。

2.業務効率化が可能

何を解決したいとかにもよるものの、部署ごとで管理していたシステムを一元管理可能です。生産管理システムにアクセスすることによって、現在稼働している全ての情報にアクセスできるようになるため、スムーズな事務作業や営業、製品の制作が可能となります。

 加えて、経営層に必要な売り上げや戦略などもシステム内の情報を参考にできるため、具体的なデータを基にした経営会議などが可能です。

3.人的コストの見直し

工場内における人的コストの見直しができます。業務効率化が行えるため、システムの情報確認は役職者やリーダーでなくても可能です。そのため、注力する業務の内容を変更し、より生産的な活動に対して時間を割けるようになります。

加えて、クラウド型であれば、 ID やパスワードさえ把握しておけば、システムにアクセスできます。そのため、システムに対する研修を行うことで対応できる人材を簡単に増やすなどといった対策も可能です。そして、専門スキルを持つ人材を自社で雇用する必要がないため、簡単に導入できる点もメリットだといえるでしょう。

生産管理システムの導入ポイント

生産管理システムは、工場全体の工程や原価管理ができるシステムです。そのうえで、導入する場合には、「自社でどのような問題を解決したいのか」を徹底的に洗い出しましょう。

 実際に、生産管理システム解決できる問題は多いものの、滑り自社で使っているシステムがある場合には、そのシステムが何をどのように管理しているか、星座管理システムに切り替えた場合どのような対応が必要なのかなども検討しなければなりません。

 加えて、どのような問題を解決したいのかわからない場合には、コストも変動するため注意が必要です。そのため、コストカットを目指す場合だとしても、人材や材料、在庫など検討しなければならないポイントは多数あります。そのため、具体的にどのような問題を解決したいのかを明確に定めましょう。

まとめ

製造業では、原価を把握したうえで原価管理を行っていく必要があります。そのうえで、製造部門と管理部門における情報の照らし合わせや確認など、システムに頼らない方法では非常に時間がかかることも少なくありませんでした。

しかし、生産管理システムの導入によって、販売や生産に至るまでの業務の流れのほぼ全てをシステム上で管理できるようになります。

また、コストが気になる場合は部分的にクラウド型の生産管理システムを取り入れるといった選択肢も取ることが可能です。実際の課題に合わせて、生産管理システムを取り入れ、コスト削減や原価管理を行っていきましょう。

おすすめのクラウド型原価管理システムはこちら

在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫前のページ

これでわかる!「ねじの基礎知識」ブラインドリベット次のページブラインドリベット

関連記事

  1. 製造業は結局5S|物だけでなく情報を見える化する利点と改善事例

    原価管理

    製造業は結局5S|物だけでなく情報を見える化する利点と改善事例

    「製造業は結局5S、5Sに始まり5Sに終わる」といわれることがあります…

  2. 製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    原価管理

    製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    製造業における業務フローとは製造業の場合、工程ごとに業務フローがあ…

  3. 第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか

    原価管理

    第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか

    第4次産業革命は、日本の政府が提唱した製造業における IoT や AI…

  4. 仕入在庫とは

    原価管理

    仕入管理とは?製造業の仕入管理業務の流れと改善方法を詳しく解説!

    製造業において、原材料、部品の調達は、生産に大きな影響を与えます。…

  5. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    製造業は、原材料から、より付加価値の高い品を製造し、利益を…

  6. 棚卸減耗損ってなに?計算方法や決算仕訳など正確な棚卸に役立つノウハウをわかりやすく解説

    原価管理

    棚卸減耗損ってなに?計算方法や決算仕訳など正確な棚卸に役立つノウハウをわかりやすく解説

    製造業では、正確な棚卸を行うことで、決算時の利益を正確に算出することが…

カテゴリーから探す

  1. 在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫

    在庫管理

    在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫
  2. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法
  3. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
  4. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説
  5. 【2021年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較

    在庫管理

    【2022年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較…
PAGE TOP