製造業における効果的なコスト削減方法を解説

原価管理

製造業における効果的なコスト削減方法を解説

製造業では、コスト管理によって利益を確保できます。1つの製品を作る場合でも、人材や材料など様々なコストが発生しているため、1つの製品の原価が下がったうえで品質を確保できれば、企業が黒字を確保できる可能性も高まります。

では、そのうえで適切なコスト削減方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、製造業におけるコストの中身と効果的な削減方法を解説していきます。

製造業におけるコストとは

製造業におけるコストは、生産に対するものではなく、運営を行うために必要なコストも含まれます。例えば、商品を製造するための材料だけでなく、賃金や発生した機器トラブルによる時間的損失もコストとして考えられます。

全て、対策を練ったうえで検討していく必要があるものの、それぞれがどのような状況なのかを管理する側が明確に把握しておかなければなりません。

最近の製造業の変化としても、大量の商品をご清算するのではなく、納入先の需要に合わせて商品を生産することが最終的なコスト削減につながっています。人の手による計算が難しい場合、システムの導入などによって解決できるものの、具体的なコストをみていきましょう。

人材

所定労働時間に対して、人材に支払う賃金は一人一人異なります。しかし、安易な人員削減はベストではありません。単純に、1ヶ月あたりの支払い金額が引き下がったとしても経営が上手くいくとは限らないのは現状です。

例えば、従業員満足度やエンゲージメントを高める意味でも、退職を勧告する、大量にリストラするなどの施策は企業の評判にも関わるため、十分な注意が必要です。

設備

製造業には、多くの企業で基幹システムと呼ばれる商品を製造するための機器があります。しかし、古いほど故障やエラーが多くなりやすく、 AI や IoT に対応することも難しくなていくため、人材の時間を浪費してしまうリスクが高いことに注意しましょう。

システム

システムによっては、蓄積されるデータの形式が大きく異なります。また、データを取得する場合に手間が掛かるだけでも、生産性は下がると想定されます。加えて、複数のシステムで動いている場合には、その両方のシステムの内容をよく理解していなければならないため、人材の育成不足につながりやすいといえるでしょう。

在庫

在庫は一度作った商品を他に自社で保有しておくことを意味します。つまり、出荷されなければ制作した分だけ無駄になる可能性があるといえるでしょう。

また、在庫罹患する人件費や労力を考えた場合、人材に対する負荷が高くなり、生産性が下がることが予想されます。大量の在庫を抱えることも経営上のリスクとなるため、コントロールが必要です。

加えて、市場を読んで出荷や生産を行っている場合、商品が劣化するほど長期にわたって在庫を抱えることは少ないといえます。しかし、長期間の保存を行う場合、置き場所や製品の使用期限を迎えることも想定されでしょう。そのため、在庫は無視できないコストの発生原因だといえます。

経費

経費に関しては、電気代なども含まれるものの、光熱費・会議などの移動費用などが挙げられます。経営会議などに関しては、オンラインでつなげる方法もあるものの、そもそもインフラの整備から始めなければならないケースもあるため、自社の状況を細かく把握することからスタートしましょう。

コスト削減に効果的な5つの方法

ここでは具体的な5つのコスト削減の方法についてみていきましょう。企業によっては今すぐに実行できる方法もあるため、様々な面からコストを削減したい場合は取り入れてみましょう。

会議にWEB ツールを使用する

会議を行う場合ほとんどの資料は、事前に文書作成ソフトなどでつくるケースが多いといえます。その場合は、ツールなどを使用して、画面共有を行いながら行えば、わざわざ移動する必要はありません。

加えて、商談を行う場合でも、対面を求める企業も減少傾向であることから、こちらから提案することによって WEB ツール上でのやり取りが可能となる可能性もあります。

コスト分析を行う

人材に対する賃金は、解雇しない限り減少させることができません。そのうえで、何の問題もなく製品を制作する場合に発生するコストを把握しておきましょう。

分析後は改善する必要があるものの、その場合に使用できるシステムやツールは現状では非常に多くあります。そのため、コストがどの部分に対して発生し、自社内でどのように改善できるのかを検討することが大切です。

ちなみに、光熱費などに関しては例えばエアコンの交換や蛍光灯を LED タイプにするなどの身近な方法でも削減可能な場合がありますので、さまざまな観点からみるのがいいでしょう。

設備の交換を行う

一見して、コストがかかるように感じられるものの、古い機器では生産性をあげることはできません。加えて、 AI や IoT を活用する場合でも、古い機器であるほど故障の確率が高くなるため、正しいデータを抽出しにくくなる可能性があります。

製品を作成するために、必要な機器だとしても、その製品でなければ作れないものでなければ、古い機器にこだわる必要はありません。

特にエラーや故障が頻発する場合は長期的な視点から見直しましょう。

アウトソーシングの活用

自社の経費に該当するものの、事務作業などに関しては実際のところ、アウトソーシングを活用しコストが低くなったといったケースも少なくありません。

自社のデータを他社に預けることに抵抗がある可能性もあるものの、自社のコストが一向に減らないだけでなく、人材に対する負荷が高まっている場合はアウトソーシングなども活用することが大切です。

考え方としては、固定費よりも外注費の方が安価となるケースも多いため、最初から話を否定するのではなく、自社のコストと比較してどのようなサービスなお考えることがポイントだといえるでしょう。

生産管理システムを導入する

生産工程における全てのコストを削減する場合には、生産管理システムの導入を検討しましょう。生産管理システムの場合は、材料の入荷から出荷後の商品の流れまで管理可能です。

また、生産計画なども人による計算や経験に頼る必要がなくなるため、経営や戦略、商品開発といった人間でなければ不可能な部分に注力できます。とくに、人材のコストに悩んでいる場合は、全体的なコストを計算・把握できるため、自社にリソースがない場合も活用できるでしょう。

まとめ

製造業に関するコストは、人材や製品の制作過程だけでなく、在庫の管理などの細かい部分も検討しながら削減していく必要があります。また、人材に関しては、解雇すれば負担は減少すると考えがちであるものの、優秀な人材まで失う可能性がある点に注意が必要です。

そして、全体的なコストを機械的に把握して、見直す場合には生産管理システムの導入をおすすめします。とくにクラウド型であれば、最小限の範囲とコストで導入をスタートできます。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

生産管理システムの導入を検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

MESと生産管理システムの違いを徹底解説MESと生産管理システムの違いを徹底解説前のページ

製造業における原価管理が楽になる3つの方法次のページ製造業における原価管理が楽になる3つの方法

関連記事

  1. グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

    在庫管理

    グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

    日本国内の企業が海外進出を果たすケースも少なくありません。しかし、海外…

  2. 生産管理システムはどこまでできる

    原価管理

    生産管理システムはどこまでできる?事例とともに解説

    生産管理システムは、生産工程を効率化するためのものです。では、生産管理…

  3. 製造業のIT化は進んでいる?実態に触れてみた

    製造業の経営

    製造業のIT化は進んでいる?実態に触れてみた

    日本の製造業では、システムの導入やオートメーション化が進んでいる企業も…

  4. 生産管理システムの導入に失敗する原因とは?失敗パターンについても解説

    在庫管理

    生産管理システムの導入に失敗する原因とは?失敗パターンについても解説

    生産管理システムは、上手く導入できれば、人為的ミスの削減やコストカット…

  5. 棚卸減耗損ってなに?計算方法や決算仕訳など正確な棚卸に役立つノウハウをわかりやすく解説

    原価管理

    棚卸減耗損ってなに?計算方法や決算仕訳など正確な棚卸に役立つノウハウをわかりやすく解説

    製造業では、正確な棚卸を行うことで、決算時の利益を正確に算出することが…

  6. 製造業の課題解決の突破口は システム導入による業務改善から

    在庫管理

    製造業の課題解決の突破口はシステム導入による業務改善から

    日本の製造業は、国際競争が激化し、競争力が低下しています。人件費が安く…

カテゴリーから探す

  1. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法
  2. 【2021年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較

    在庫管理

    【2022年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較…
  3. 在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫

    在庫管理

    在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫
  4. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
  5. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説
PAGE TOP