管理と予測を司るデータベース。手間・コスト不要の在庫管理方法とは?

在庫管理

管理と予測を司るデータベース。手間・コスト不要の在庫管理方法とは?

在庫は、企業の持つ資産のひとつです。正しく在庫管理を行い、常に適切な在庫数や管理体制をキープすれば、生産性の向上や利益向上につながります。 在庫管理が上手く機能していないと、コスト削減、キャッシュフローの改善が難しくなります。在庫管理で起こりやすい課題を解決するためには、データベース設計による在庫管理が必要です。

在庫管理のデータベース設計とは、どのようなものなのでしょうか。本記事では、在庫管理の課題を踏まえた上で、データベース設計の特徴や解決策を解説します。現在の在庫管理手法に問題がないか、あらためて確認してみましょう。

 

在庫管理とは?

在庫管理とは、企業が保有している在庫を管理し、必要に応じて最適な状態で利用できるようにしておくことです。 在庫と言う単語だと、小売店が仕入れた商品などをイメージする方もいるかもしれません。しかし、そもそも在庫とは、商品在庫だけを指すものではなく、後に商品となって販売されることになる物の材料も含まれます。たとえば、製造業では将来的に利用する可能性が高い原材料などを事前に購入して保有しておくことがありますが、これも在庫です。

 

それらの在庫が、どこに・どのように・いくつ保管されているのかを把握し、それが適切な状態であるかをチェックするために必要なのが在庫管理です。在庫数の確認だけでなく、在庫数がそもそも適切な数であるか、在庫の状態に問題がないか、在庫の保管状況は適切かといったことの管理全般が、在庫管理には求められます。

 

在庫管理の重要性とは?

在庫管理は、企業活動において非常に重要な役割を担っています。在庫管理を適切に行うことの重要性について、5つのポイントを解説します。

 

【在庫管理を目指すことができる】

在庫管理によって常に適正な数の在庫をキープできるようになれば、効率良く利益を出せるようになります。 

在庫が多いということは、それだけ無駄な仕入れにお金を使っているということがわかりますし、在庫が少なければ販売機会を逸している可能性があります。在庫管理は、利益向上を目指す上でも重要な業務なのです。

 

【在庫責任の所在が明確になる】

企業によっては、営業部門や生産部門が在庫の管理を行うことがあります。 しかし、企業内で在庫管理の意識を高める上でも、在庫管理の専門部門を作り、その担当者に責任を持たせるようにしてみましょう。在庫に関する問題の責任が明確化しやすくなります。

在庫管理に関する意識が高まれば、営業部門なども含めて在庫数を厳密に管理していく意識が社内に醸成されます。

 

【生産性の向上が期待できる】

どこに何があるのかが正確に把握できていれば、必要なときに必要な材料や商品をスムーズに取り出すことができます。 

在庫がどこにあるのかわからなかったり、書類上あることになっている在庫がなかったりすると、在庫を探したり新たに手配したりする必要が生じ、手間や時間といった無駄なコストが生まれます。また、多大な在庫の管理がおろそかなままだと、必要なときに必要な物が見つからず、商機を失うこともあるでしょう。 

しかし、在庫管理によって常に在庫の状況が明らかになっていれば、無駄なリソースや好機を逸することが減り、生産性の向上が期待できます。

 

【倉庫スペースの適切な確保や品質向上に繋がる】

適切な在庫管理をするためには、定期的に在庫を整理し、棚卸をしたり種類ごとに管理タグをつけたりといった業務が必要になります。在庫を種類ごとに分類し、管理しやすいように保管すると、倉庫のデッドスペースが減り、効率良く在庫を収納できるようになるでしょう。 保管場所の確保にもコストがかかりますので、整理整頓を徹底すれば無駄なコストの削減につながるのです。

 

さらに、在庫を整理し、品物の古い順に利用するようルール策定をすれば、在庫の劣化を防ぐ対策にもなります。それらの対策が徹底されれば、在庫価値の低減を防げるだけでなく、品質の向上や顧客満足度の向上といった経営面のメリットに直結していきます。

 

【キャッシュフロー改善に繋がる】

在庫を多く持つということは、それだけ現金を支出して商品や原材料を買ったということになります。その状態が漫然と続けば、キャッシュフローの悪化につながりかねません。また、購入した在庫は企業の資産に計上されますが、経年とともに劣化したり、商品価値を失ったりすれば、購入時と同じ価値を維持することができなくなってしまうでしょう。 

在庫管理をして適切な在庫量を保つことは、キャッシュフローの改善にもつながるのです。

 

クラウド型のデータベースとは?

在庫管理を効率的に行うためには、在庫管理システムの利用が便利です。在庫管理システムの機能には、データベースが含まれています。

今日、多くの企業で使われる機会が増えているのがクラウド型のデータベースです。自社でデータベース環境を構築するよりも手軽に導入できるため、採用する企業が増えています。そもそもクラウド型のデータベースにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

下記では、クラウド型データベースについて、オンプレミス型との比較や導入時の注意点を消化します。

 

クラウド型データベースとは?

クラウド型のデータベースとは、クラウド環境で利用するデータベースのことです。通常、データベースを自社に構築する場合は、DBMS(データベースマネジメントシステム)という専用のデータ管理ツールが必要です。しかしクラウド型であればDBMSが不要なため、導入コストを抑えスピーディーに利用できるでしょう。

 

クラウド型データベースの5つのメリットとは?

クラウド型データベースには、オンプレミス型と比べて下記にある導入メリットがあります。

 

【導入コストが低い】

クラウド型のデータベースは自社に環境を構築する必要がありません。そのため、サーバなど必要な設備を揃える必要がなく、無料で利用できるので導入コストを抑えられます。

 

また、抑えられる費用は設備費だけではありません。DBMSを取り込み、システムを構築するためには、エンジニアの人件費がかかります。クラウド型であればエンジニアの負荷を軽減でき、結果として人件費削減にも貢献できるでしょう。

 

【短期導入が可能】

クラウド型データベースは、自社内にデータベース環境を構築する必要がありません。そのため導入にかかる期間が短く、すぐに利用できます。

 

【メンテナンスの手間が少ない】

自社で管理する必要がないクラウド化したシステムは、サービス提供元がサーバを管理します。そのため、アップデートや日々のメンテナンスなども必要ありません。規模が小さく知識や技術を持ったエンジニアがいない企業でも、安心して導入できるでしょう。

 

【セキュリティ管理がしやすい】

クラウド型のシステム管理はすべてサービス提供元が行います。セキュリティ管理も含まれているため、自社で一からセキュリティ対策を構築する必要がありません。

 

また、近年のクラウド化したサービスの大半はサーバをデータセンターで管理しています。データセンターは、さまざまな脅威に対応できるように堅牢なセキュリティ対策をしています。そのため、自社でサーバを管理するよりも安全性が高く、安心して管理を任せられるでしょう。

 

【データ規模を柔軟に変えられる】

事業規模に伴ってデータ量が変動した際にも、データ量に応じてストレージを追加しやすいのがクラウド型の特徴です。ベンダーによっては、データベースアプリの量やデータ件数に応じた料金設定になっているところも多く、予算や業務形態に応じて無駄のない運用が可能でしょう。

 

製造業で在庫管理システムを導入するメリットとは?

下記では、在庫管理システムを活用する5つのメリットをご紹介します。

 

【確実で迅速な管理が行える】

在庫管理システムは、原材料の入荷から製品の集荷まで、さまざまな状態の在庫管理を自動的に行います。担当者が倉庫で一つひとつ数を数えて在庫管理表に記入し、パソコンで入力するといった手間をかける必要はありません。

 

また、在庫管理システムは、仕入数と出荷数の管理や、移動中の在庫の管理、ある製品を使うために必要な在庫の確保といった、さまざまな切り口で在庫をシステマティックに管理できます。スピーディーに在庫に関わる業務を完了できるため、迅速な納品による顧客満足度の向上につながるでしょう。

 

【リアルタイムで在庫数を把握できる】

在庫管理システムを活用すれば、現在の在庫状況がリアルタイムで把握できます。 適切な数をキープし続けることが容易になることから、欠品を防ぐために在庫を多めに確保しておくといった予防策をとる必要性が減り、余剰在庫の削減とそれに伴うコストの削減が可能になります。 

 

また、複数の店舗がある場合、特定の商品が売れない店舗から売れる店舗に移動するなども可能になります。こういった側面から商機を逸しない、売上向上につながることもリアルタイムに在庫状況を把握するメリットです。

 

【管理コストが削減できる】

在庫管理を人の手で行うには、多大な人件費がかかりますが、管理をシステム化すれば、それらのコストを削減できます。 

また、在庫管理システムによって倉庫内の整理整頓が徹底されれば、余剰スペースを割り出すことができ、無駄な家賃や光熱費などの削減につながる可能性もあります。

 

【ヒューマンエラーを防止できる】

在庫管理システムでは、在庫数の把握から計算までをすべて自動で行いますので、入力ミスや計算ミスといったヒューマンエラーが起こりません。 

実際の在庫数とシステム上の在庫数を照らし合わせる棚卸業務も必要ですが、それ以外の業務は、システムの導入でほぼ自動化できます。棚卸業務についても、ハンディターミナルなどの携帯端末を活用することで、できるだけミスが起こらないようにすることも可能です。

 

【需要予測の精度向上】

在庫管理システムを導入すれば、過去の在庫データを蓄積していくことで、繁忙期の予測や時期によって必要な在庫数の算出が容易になります。 

確実性の高いデータが取れますので、適切な在庫をスムーズに確保できるでしょう。

 

クラウド型の在庫管理システムの導入を検討してみましょう

適切な在庫管理を行うことは企業の利益を生み出すことに繋がりますが、全てを手作業で行うには限界があります。在庫管理システムを導入すれば、各生産工程における業務の効率化や可視化、社員同士の情報共有が可能になります。

 

在庫管理システムを検討するときには、今回着目したパッケージ型のように提供形態で選ぶ以外にも、業界に特化した機能や自社の業務にマッチした機能が搭載されているかなど、さまざまな視点で製品を選ぶ必要があります。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。QRコード管理にも対応しております。

また、トライアルキャンペーンも実施していますので、生産管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください

 

製造業に欠かせない備品管理のメリットと手順を詳しく解説!製造業に欠かせない備品管理のメリットと手順を詳しく解説!前のページ

物流の中心は倉庫管理|作業の特徴とアプリが向いている理由次のページ物流の中心は倉庫管理|作業の特徴とアプリが向いている理由

関連記事

  1. 【製造業向け】在庫管理の簡略化を実現|QRコード管理で在庫管理を楽に

    在庫管理

    在庫管理の簡略化を実現!QRコード管理で製造業の在庫管理を楽に

    在庫とは、単に販売前の製品や商品のみを意味するわけではありません。将来…

  2. 製造業が抱える在庫管理の課題は診断で見える化

    在庫管理

    製造業が抱える在庫管理の課題は診断で見える化

    製造業と在庫管理は切っても切れない関係です。消耗品や部品のコストロスは…

  3. 岐路に立つ製造業|日本のものづくりにおいて5S活動が果たす役割とは?

    在庫管理

    岐路に立つ製造業|日本のものづくりにおいて5S活動が果たす役割とは?

    「日本製なら安心」その言葉は、少しずつ揺らいできているのではないでしょ…

  4. 中小企業こそ 生産管理システムが必要。 そのメリットとは

    在庫管理

    中小企業こそ生産管理システムが必要。そのメリットとは

    製造業における働き手は減少傾向にあります。そして、中小企業においては、…

  5. 生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

    原価管理

    生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

    製造業における生産性の向上と見える化は切り離せません。AIやあらゆるシ…

  6. 製造業はDXで変わる|効率化のツボは準備・進捗・棚卸にあり

    原価管理

    製造業はDXで変わる!効率化のツボは準備・進捗・棚卸にあり

    製造業を取り巻く環境は厳しさを増しています。原材料費は高騰し、生き…

カテゴリーから探す

  1. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは
  2. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法
  3. 製造業の部品在庫を 効率的に管理する方法とは

    在庫管理

    製造業の部品在庫を効率的に管理する方法とは
  4. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
  5. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説
PAGE TOP