棚卸資産管理とは?「在庫管理」を徹底・効率化する方法・メリットをご紹介

在庫管理

棚卸資産管理とは?「在庫管理」を徹底・効率化する方法・メリットをご紹介

製造業の企業経営において、決算時の利益を正確に算出するために、棚卸資産の適切な管理が必要となります。仕入れから加工、製造まで複数の工程があり、膨大な原材料や部品数になり、棚卸資産の管理が複雑になってしまいがちです。

今回は、棚卸資産管理とは何かについて、また「在庫管理」を徹底・効率化する方法・メリットについて紹介します。

製造業の棚卸資産管理とは?

棚卸資産管理とは、将来、販売等を行うために保有している棚卸資産を管理することです。

会計用語の一つである棚卸資産は、一般的に在庫ともいわれています。小売業であれば「商品」などになりますし、製造業であれば、完成した「製品」の在庫以外にも、まだ完成していない「製品」や「原材料」「仕掛品」「半製品」なども含まれます。

これらの棚卸資産は、会計上においても、仕入れた商品などを「費用」計上し、収益化されていないものを仕入れから減産し「棚卸資産」として計上することで、決算書上、貸借対照表の中の「資産の部」に含まれ、会社が保有する資産となります。

製造業においての棚卸資産は、仕入れ、製造、販売を繰り返し、常に資産が変動するので、資産の部の「流動資産」の項目に分類されます。

製造業の棚卸資産の種類

原材料

加工目的で仕入れた原材料などが、加工されないまま社内に残っているもの

仕掛品・半製品

原材料を加工している途中で、社内に残っているもの

製品

加工が完了したものがまだ販売されず、社内に残っているもの


企業は財務経理や健全な運営のために、売上総額や純利益などを正確に計算する必要があります。例えば、損益計算書の売上総利益は「売上高-(期首棚卸高+当期仕入れ高-期末棚卸高)」で求められます。

在庫数により実際の利益が大きく変動するため、正確な資産状況を把握するためにも棚卸資産の管理は重要な作業になります。

棚卸資産管理を徹底して行うことは、製造原価や利益の正確な算出、滞留在庫や不良在庫の把握、そして企業の経営改善につながります。

在庫管理の目的

棚卸資産、いわゆる在庫管理を行うことは、「損失・利益の把握」「適正仕入れの把握」「滞留在庫や不良在庫の確認」をすることができます。

損失・利益の把握

棚卸資産を現金化できないと支払いが滞ってしまい、資金繰りが悪化する可能性がでてきます。このような事態を未然に防ぐために、企業の正確な資産状況を管理し、製造にかかる原価や利益を把握する必要があります。

適正仕入れの把握

在庫管理は今も多くの企業で手書きやエクセルなどを利用して行われていることも多く、入力ミスや記入漏れなど人的ミスが発生することは避けられません。そのため、定期的に棚卸しを行い、帳簿に記載されている在庫と実際の在庫に差異があるのか、正確な在庫数を確認する必要があります。在庫数に差異がある場合、修正を行っておかなければ、在庫を適正に仕入れることができなくなり、在庫に欠品がでてしまうなど、企業の生産性や利益に大きく影響を及ぼす可能性があります。在庫管理を適正に行うことで、欠品を防ぎながら、余剰在庫を増やさない、適切な仕入れを把握することができます。

滞留在庫や不良在庫の確認

在庫管理を行うことで、仕入れた在庫が、需要が落ちていて販売機会を失っていたり、売れる見込みが少ない製品や、使われなくなった部品などの滞留在庫や不良在庫を洗い出すことができます。また、長期保管で、劣化してしまいトラブルが発生する恐れもあります。

在庫管理を見直すことで、商品の品質状況を確認することができ、不要な管理費用の削減など、コストの合理化にもつながります。

在庫管理を徹底・効率化する方法

在庫管理を徹底・効率化するには、「正確なデータ管理」「在庫管理方法の見直し」「管理システムの導入」が有効です。

正確なデータ管理

棚卸しは、一般的に、現場で在庫数を数え、パソコンなどに入力し集計するといった単純な作業ですが、伝達ミスや重複カウント、入力ミスなどで、数字にズレが出てしまうなど人為的なミスが発生しやすい作業でもあります。決算前に慌てて行うのではなく、入出庫における確実な在庫管理、日々の確認作業を怠らずに、在庫管理担当者間で二重チェックや迅速な情報共有ができる仕組みづくりが大切です。

また、在庫の把握を明確にするために、在庫の見える化など、在庫の保管方法も見直してみるといいでしょう。どこに・何が・どれだけ置いてあるか保管場所を分かりやすく視覚化することで、棚卸しをスムーズに行え、発注数の適正化にもつながり、過剰在庫や在庫不足を防ぐことができます。

管理システムの導入

エクセルや紙媒体で仕入管理していた場合、記入ミスや発注数の間違い関数のミスなどの、さまざまな人的ミスや、業務の属人化が起きる可能性があります。

バーコードやQRコードを利用した在庫管理システムを導入することで、属人的な業務を減らし、発注から仕入までの管理を誰でもスムーズにおこなうことができ、在庫数や必要な商品数も一元で管理できるようになりミスの減少・業務の効率化を図ることができます。

在庫管理システムもたくさんありますが、 クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすいのが特徴です。

在庫管理システムのメリット

在庫管理システムを導入することで、より精度の高い正確な棚卸を行うことができます。また、膨大な量の作業を効率化でき、入出庫管理や受発注管理などを入力するだけで、在庫管理を効率化することができ、さまざまなメリットがあります。

メリット

  • 情報を一元管理でき、在庫をすぐに把握することができる
  • 在庫管理担当者のミスや作業量が軽減でき、業務負荷を減らすことができる
  • 欠品や余剰在庫を減らすことができる
  • 倉庫や、管理者など、在庫管理コストを減らすことができる
  • 市場予測がしやすくなり、生産性を向上することができる
  • スムーズな承継ができ、人材不足の解消
  • 過去の在庫データにより、数カ月先の業績も見えやすくなり、先手をとった経営をすることができる

まとめ

今回は「棚卸資産管理とは?「在庫管理」を徹底・効率化する方法・メリット」について紹介しました。

製造業では、企業の経営においても、棚卸資産の数により、売上の総利益など、決算書上の内容が変わってくるため、在庫の管理が非常に重要になります。棚卸には、時間がかかり、人手も必要となるので、煩雑になりがちですが、定期的に行い、正確なデータで在庫の管理をしましょう。精度の高い在庫管理は、今後の経営戦略を立てるためにも役立ちます。

日々変化する有効在庫を瞬時に可視化でき、より精度の高い正確な棚卸を行うことができる在庫管理システムを活用することも視野に入れて、在庫管理の効率化を進めてみてはいかがでしょうか。ぜひ、参考にしてみてください。

おすすめの在庫管理システムなら

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

トライアルキャンペーンも実施していますので、在庫管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

製造業のIT化は進んでいる?実態に触れてみた製造業のIT化は進んでいる?実態に触れてみた前のページ

生産管理でリードタイム短縮を実現する5つの視点と方法次のページ生産管理でリードタイム短縮を実現する5つの視点と方法

関連記事

  1. 受注管理ソフトにできること|システム化で顧客満足度を上げる

    在庫管理

    受注管理ソフトにできること|システム化で顧客満足度を上げる

    顧客満足度は主にサービス業で使う指標ですが、製造業においても大切です。…

  2. 【徹底比較】クラウド型販売管理システムの導入のすゝめ|財務状況の可視化・利益向上を実現

    在庫管理

    【徹底比較】クラウド型販売管理システムの導入のすゝめ|財務状況の可視化・利益向上を実現

    近年、労働力人口の減少が進み、どの企業も人手不足に悩まされています。そ…

  3. 経営の分岐点?システム導入による製造業の改善事例

    製造業の経営

    経営の分岐点?システム導入による製造業の改善事例

    業務改善は、多くの製造業で求められる取り組みですが、改善施策で思うよう…

  4. クラウド型在庫管理システム7選

    在庫管理

    2024年決定版!製造業が使えるクラウド型在庫管理システム7選

    在庫管理をシステム化しすると、コスト削減や効率化になります。最近、クラ…

  5. 【製造業向け】生産管理の効率化|パッケージ型生産管理システムを徹底解説!

    在庫管理

    【製造業向け】生産管理の効率化|パッケージ型生産管理システムを徹底解説!

    生産管理とは、製品の生産計画から出荷までの管理全般のことです。製品の品…

  6. 生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

    製造業の経営

    生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

    生産管理システムは日本の製造業が成長していくために欠かせないシステムで…

カテゴリーから探す

  1. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは
  2. 在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫

    在庫管理

    在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫
  3. 材料・素材

    ウイットネジの規格・寸法・読み方
  4. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
  5. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法
PAGE TOP