【製造業向け】生産管理の効率化|パッケージ型生産管理システムを徹底解説!

在庫管理

【製造業向け】生産管理の効率化|パッケージ型生産管理システムを徹底解説!

生産管理とは、製品の生産計画から出荷までの管理全般のことです。製品の品質・原価・納期を最適化できるように生産活動を管理するのが目的です。生産管理は製造業において必要不可欠な業務です。生産管理がカバーする業務領域は広範にわたるため、難しい・きつくて大変と評されることも少なくありません。

製造業では、原材料・部品費や歩留まり率、在庫数や生産能力などの製造に関わる様々な要素が利益に大きく影響します。そのため、これらの複数の指標を正確に把握し、適切に管理する生産管理は利益向上のために非常に重要です。

「製造管理」との違いとは?

生産管理と似た言葉に「製造管理」がありますが、生産管理の方がより広義の意味を持つ言葉です。

生産管理は、生産計画や調達・購買計画、生産実施・制御、品質管理といった、生産する製品の原価や数量、納期、品質などの全般を管理する業務です。これに対して、製造管理は製造現場での工程管理を意味するという違いがあります。

 

生産管理が難易度の高い業務と言われる理由とは?

生産管理は難易度が高い仕事です。正確な需給予測から生産計画を立てていくことや、製造現場の業務負荷を平均化することの難しさがあるほか、部署間の板挟みになりやすいことが主な要因として考えられます。

 

【データによる需要予測が困難】

生産計画のもとになるのは需要予測ですが、正確に予測することは困難です。

需要予測は製品の特性に応じた分析手法を用いる必要があり、市場の変化による影響も大きく受けることから、専門的な知識を動員しても精度の高い予測は容易ではありません。また、新製品の需要予測では、分析に使用するためのデータが十分にそろわないことがあります。

 

【業務負荷の可視化・均等化が困難】

製造ラインによって、製造できる製品や生産能力には違いがあるものです。そのため、製造ラインごとに業務負荷を可視化することは簡単ではありません。

工程計画を作成する際には、スムーズに生産を進められるように、生産ラインの能力に合わせて生産量を振り分けていきます。しかし、特定の製造ラインの負荷が大きく、平均化が難しいケースが後を絶ちません。特定の班や作業員への負担が大きいと、現場からの不満が上がってくることも考えられるでしょう。

 

【品質トラブルの発生などへの臨機応変な対応】

製造の過程においては、設備のトラブルや原材料の納入遅れなど、予期せぬトラブルが起こり得ます。ある程度の数の不良品の発生を見越して生産計画を立てていても、想定以上の不良品が発生することもあります。また、急な受注量の変更や飛び込みの注文への対応のため、工程計画の変更を余儀なくされることもあるでしょう。こうした様々なトラブルの対応方法を計画することも生産管理の重要な業務です。

 

【板挟みとなりえる部署間における調整】

生産管理は、営業や製造技術といった他部署との関わりがある仕事です。営業部門からは、短納期で顧客に製品を届けるためリードタイムの短縮を求められることがあります。また、担当する顧客からの受注分を優先して生産することを要求されるケースもあるでしょう。

一方、製造部門からは納期の短縮は難しいと断られてしまうことや、すぐに優先して製造することが難しいため、生産管理部門は板挟みになりがちです。不良品ができたときの責任の所在を巡ってトラブルになることもあるでしょう。

各部署の意見を調整して着地点を見出していく必要があり、高いコミュニケーション能力が求められます。

 

生産管理の効率化にはパッケージ型の生産管理システムがおすすめ

生産管理は激務とも言われる業務です。生産管理システムで製造現場の情報を一元管理すると、工程ごとの業務負荷がわかるので負荷を分散し、作業の平準化が可能です。さらに、どの工程において不良率が高いかを割り出して原因を特定できるため、不良品の発生を防止し、品質向上も見込めるでしょう。そのため、多くの企業がパッケージ型の生産管理システムを導入しているのが現状です。

 

生産管理をシステム化するメリットとは?

生産管理システムを導入すれば、各生産工程における業務の効率化や可視化、社員同士の情報共有が可能になります。このような強みがある生産管理システムですが、実際にはどのような業務に対応しているのかを紹介していきます。

 

【リアルタイムでの把握による生産・在庫管理の精度向上】

生産管理システムでは、複数人で作業を行ったとしても入力したデータがリアルタイムかつスピーディーに更新され、正確に生産・在庫情報を把握することが可能です。管理の精度が向上することで、余剰在庫などを抱えるリスクも回避できるので、在庫量や在庫金額の削減にもつながります。

 

【集計負担の軽減や指標把握の早期化】

生産管理システムの中には、製品設計時の指標となる「標準原価」、実際に使われた原価である「実際原価」といった複雑な原価計算を、システム上で自動的に計算・可視化する機能を備えるものがあります。材料費の変化に対する利益率の計算など、早期の指標把握、対策の適切化に役立てられるほか、システムからの帳票の表示や出力が可能になるので、集計負荷の軽減にもつながるでしょう。

 

【発注・生産・出荷作業などの効率化】

発注から出荷にいたるフローを効率化することもできます。工程進捗を視覚的に把握できる管理画面を活用することで、受発注と在庫状況の連携が可能になり、工程の効率化を実現できます。

また、保守部品が必要になるタイミングを事前に設定しておくことで、不足した部品を必要な時期に自動的に発注情報として表示する生産管理システムもあります。この機能により、発注の効率化と欠品の防止が可能になります。

 

【メンテナンス性の向上】

生産管理システムの中には、柔軟なカスタマイズやシステム連携のためにデータベースを直接操作できるものもあります。システムを跨ぐこと無く必要なデータを抽出し、パソコンを使って業務に携わる社内のメンバーが自ら改善していけるようになれば、情報システム部門の負担を軽減しながらメンテナンス性の向上も図れるようになります。

 

【問題改善の加速】

部署を横断してシステムを利用すれば、他部署や会社全体の状況を把握することができるため、問題点や改善点の早期発見にも役立ちます。

また、異なる部署間の情報共有がスムーズになることは、生産フローや利益率といった本質的な課題に注力し、PDCAサイクルを迅速に回すことにもつながります。

これらのプロセスにおける品質改善は、最終的に顧客や従業員の満足度向上に貢献するでしょう。

 

パッケージ型システムのメリットとは?

近年、パッケージシステムはクラウド型と呼ばれるタイプのパッケージシステムが増えてきています。

クラウド型システムは、一つのシステムを企業の社員共同で使うことができます。カスタマイズも更なるシステム開発も不要ですぐ使うことが可能です。

パッケージ型のシステムにはどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

 

【安価に導入が可能】

独自開発システムに比べて、安価に導入することができます。ソフトウェアに限らず、量産品や既製品は、大量に作る分、コストを抑えることができます。

しかし、オーダーメイドの製品はその製品のためだけに生産されるので、コストも割高になります。パッケージシステムは、一度システムを構築してしまえば、その後、特に作る必要がないので、コストは安く済みます。

 

【導入までの準備期間が短い】

既にできているシステムなので、基本的には導入に推奨される環境が整っていればすぐにでも導入することができます。

独自開発のシステムだと打ち合わせに膨大な時間をかけて行うことになります。またその後、システムの構築を開始しますので、導入にも時間がかかります。

 

【品質が保証されている】

パッケージシステムは、基本的には導入実績も多数あります。実績が多数あるということは、パッケージシステム自体の品質が良いということになります。

独自開発されているシステムは基本的に効果が得られる実績がありません。基本的にオーダーメイドのため、一点もののシステムになります。そのため、独自開発されたシステムは品質が保証されていません。導入して初めて効果があるかどうかの実証ができるということになります。

パッケージシステムは、品質が保証されているというメリットもあります。

 

クラウド型の在庫管理システムの導入を検討してみましょう

適切な生産管理を行うことは企業の利益を生み出すことに繋がりますが、全てを手作業で行うには限界があります。生産管理システムを導入すれば、各生産工程における業務の効率化や可視化、社員同士の情報共有が可能になります。

生産管理システムを検討するときには、今回着目したパッケージ型のように提供形態で選ぶ以外にも、業界に特化した機能や自社の業務にマッチした機能が搭載されているかなど、さまざまな視点で製品を選ぶ必要があります。

パッケージ型のクラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

また、トライアルキャンペーンも実施していますので、生産管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

生産管理システムを自作する際に必要なステップとは?生産管理システムを自作する際に必要なステップとは?前のページ

【製造業向け】仕入管理の効率化|鍵を握るのはクラウド型システム次のページ仕入管理の効率化|鍵を握るのはクラウド型システム

関連記事

  1. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    製造業は、原材料から、より付加価値の高い品を製造し、利益を…

  2. 製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    原価管理

    製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    製造業における業務フローとは製造業の場合、工程ごとに業務フローがあ…

  3. 【2021年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較

    在庫管理

    【2022年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較

    製造業にとって、在庫管理は非常に重要な業務です。在庫管理が杜撰になると…

  4. デマンド予測が生産管理システムに与えるインパクト

    製造業の経営

    デマンド予測が生産管理システムに与えるインパクト

    デマンド予測とは何か?デマンド予測とは、将来の需要量を予測すること…

  5. 図面管理システムが製造業で果たす3つの役割と導入への10のポイント

    在庫管理

    図面管理システムが製造業で果たす3つの役割と導入への10のポイント

    製造業で図面管理システムを導入する企業が増えています。効率化だけで…

  6. 生産管理でリードタイム短縮を実現する5つの視点と方法

    製造業の経営

    生産管理でリードタイム短縮を実現する5つの視点と方法

    製造業にとって、リードタイムの短縮は、多方面に大きな効果を発揮します。…

カテゴリーから探す

  1. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
  2. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは
  3. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説
  4. 用語集

    製造業用語集(あ〜わ行)
  5. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法
PAGE TOP