生き残るために。生産管理システムで工程管理の効率化を図ろう

原価管理

生き残るために。生産管理システムで工程管理の効率化を図ろう

製造業でも近年は効率化が注目されています。長年製造業が抱えている問題が深刻化しているだけでなく、今までの生産体制では利益を確保することが難しい時代になりつつあるためです。

では、工場の生産工程を管理する工程管理を効率化した場合、どのような変化があるのでしょうか。今回は、工程管理の課題にふれたうえでどのように生産管理システムがその課題を解決していくのか詳しくみていきます。

工程管理でありがちな課題

工程管理は、製品を作るための手順や定められている基準を計画したうえで、計画して通りに製品を生産しているかどうかを把握しコントロールしていく業務です。

企業の目的は、簡潔にいえば利益を出すことです。人員や原材料、製品の品質にいたるまで効率的にコントロールし、顧客に価値を提供することができれば、企業は利益を確保できるでしょう。

加えて、工程管理の場合はどのような製品をいつまでに誰に納品するのか、生産を早めるためにはどのような改善点が必要なのかといった内容まで把握しなければなりません。しかし、実際には以下のような問題を抱えている企業は多いといえます。

  • 社内だけで1日数十件のメール確認がある
  • 手書き情報のせいでミスが多発している
  • 現場に行かなければ現在の状況が把握できない
  • データ共有の方法や情報共有の方法が確立されていない
  • 今どの案件がどの程度まで終わっているのかすぐ答えられない

並べてみると、効率的とはほど遠い項目が非常に多いといえるでしょう。実際に効率化と一言でいっても、何をどのように改善していくのかによって効果は違ってきます。AIやIoT、生産管理システムを導入する場合も闇雲に導入しても効率化にはつながらない点は把握しておく必要があります。

工程管理に必要な要素とは

工程管理において必要な要素の大部分は、内部の情報だといえます。例えば、内部の情報が全て把握できれば、以下のようなメリットが生まれるでしょう。

  • 人為的ミスを減らすために定型業務を自動化できるようになる
  • よくある質問をテンプレートにして共有する
  • 各工程の進行段階を数値化する

また、内部の負荷なども情報共有ができれば、解決することが可能です。例えば、各工程の生産能力は配置されている人材のスキルや機械によって左右されます。その場合、それぞれの負荷を分析し、分散することで作業の効率化を図ることが可能です。

ちなみに、従業員に焦点をあててみると、負荷が高いほど人間はミスをしやすくなります。さらにいえば、優秀な人材が社内のいる場合は、仕事を集中させるのではなく、システムやツールなどを使用してより効率的に働いてもらうといった考え方も大切です。

生産管理システムで工程管理の効率化を

工程管理が上手くいかない理由は、社員の情報を集める手段が効率的ではないからです。例えば、ルールが統一化されていない場合、情報の伝達手段としては口頭・メール・手書きのメモなど手段が多様化してしまいます。実際に、これらの情報を担当者が1人で全てまとめるのは非常に困難です。

中小企業などの場合は、工程管理だけでなく生産管理もまとめて行っているパターンが多いことから、情報の共有手段を1つにすることから効率化を図っていくことが大切です。

工程管理の目標設定を生産管理システムで

製造業の場合、ある程度決まった工程で製品を作ることが多いといえるでしょう。そのうえで、工程管理を行う場合、どの段階でチェックすればトラブルを防げるのかを決めることからスタートしましょう。

次に、案件ごとに納期や仕様が決まっていることから目標をある程度設定したうえで、一日の進捗具合を数値化することで、各工程がどの程度の生産能力があるのかを把握することが可能です。生産能力が分かれば、案件ごとの納期に対してどの程度の進捗具合なのかを数値化できます。

そして、その数値によって工程を管理する部署ができるため、全体的な情報共有ができるだけでなく、現在の進捗具合をすぐに確認することができるでしょう。加えていえば、生産管理システムを使うことによって報告の方法を統一化することが可能です。例えば、 IoT 機器を使用する場合は、生産管理システムを導入する以上に慎重な選択必要となるものの、リアルタイムでの情報共有ができるようになります。タブレット端末などによっても報告が可能であるため、外出中などであってもシステムにログインできれば現在の状況を把握できるでしょう。

そのため、工程管理における目標設定に生産管理システムを使うメリットは多いといえます。

工程管理に生産管理システムを使用するための注意点

工程管理は生産計画に基づいて、製品が生産されているかどうか、納期に遅れはないかを把握・調整しなければなりません。また、現状で稼働している工程の稼働状況なども把握したうえで、最終的な納品に間に合わせる必要があります。

そのうえで、生産管理システムを効率的に使用するための注意点をまとめると以下の3つの要素を意識する必要があります。

  • 使いやすいシステムであるかどうか
  • それぞれに合わせてカスタマイズできるかどうか

それぞれの項目について詳しくみていきましょう。

使いやすいシステムであるかどうか

工程を管理する場合、それぞれの従業員の報告をまとめる必要があります。つまり、誰が使用しても同じような使い方ができるシステムや操作がわかりやすいシステムでなければ、使用するのは難しいといえるでしょう。

システムについては、社内で研修などを行いながらフォローしていく必要もあります。属人化を防ぐためにも簡潔でわかりやすいシステムを選ぶことが大切です。

それぞれ職域に合わせてカスタマイズできるかどうか

生産管理システムは工場内のほとんどの業務を効率化することが可能です。しかし、全てのシステムに全員がアクセスできるものではなく、あくまでもデータ共有と自分の役割に狭めて使用できるシステムを選ぶことをおすすめします。

例えば、スケジュール管理を行う場合にほとんどの人がスケジュールを変更できる権利を持っている場合、どれが正しいものなのか判断がつかなくなるでしょう。

加えて、根幹となるスケジュールを入力する担当者は1人ではなく複数人を選択することをおすすめします。使いやすいツールであれば、属人化を防げるものの、1人の担当者しかシステムを運用できないとなってくると、生産管理システムを使用する意味がなくなってしまいます。

そのため、使用する前に誰がどのような権限を持つのかを選んでおかなければなりません。ちなみにセキュリティの問題もあるものの、外部からのアクセスにも対応できるシステムでなければ、当方の共有が難しくなってしまうため、外部と内部どちらからでもアクセスできるシステムを選択することを意識しましょう。

まとめ

工程管理の課題は、情報共有によって解決できる項目が多いといえます。そして、生産管理ツールの導入によって情報共有のほとんどの問題は解決することができるでしょう。

しかし、導入する前に、自社の課題を明確にしたうえで、誰がどのような役割を担うのかも決めておく必要があります。

製造業においては、効率化が大切だといわれているものの、自社の課題をクリアすることによって効率化につながっているといます。そのため、あくまでも自社にとって必要なツールやシステムを選択することを意識しましょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

また、トライアルキャンペーンも実施していますので、生産管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

今回紹介した在庫管理ソフトはどれも比較的低コストで導入できますので、有料の在庫管理ソフトの導入の際に参考にしてみてください。

在庫管理でおすすめのアプリは?無料・有料のメリットデメリットを徹底比較在庫管理でおすすめのアプリは?無料・有料のメリットデメリットを徹底比較前のページ

【2022年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較次のページ【2021年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較

関連記事

  1. 生産管理システムと サプライチェーン管理の 最適化への道

    製造業の経営

    生産管理システムとサプライチェーン管理の最適化への道

    生産管理システムとサプライチェーン管理の最適化について気になっている方…

  2. 製造業のIT化は進んでいる?実態に触れてみた

    製造業の経営

    製造業のIT化は進んでいる?実態に触れてみた

    日本の製造業では、システムの導入やオートメーション化が進んでいる企業も…

  3. 在庫管理

    入出庫管理と在庫管理の関係|システム化だけで解決しない問題とは?

    システムを導入するだけで、入出庫管理の問題は解決すると思いますか?入出…

  4. 生産管理とERP(企業資源計画)の効果的な統合とは

    製造業の経営

    生産管理とERP(企業資源計画)の効果的な統合とは

    生産管理の重要性製造業において生産管理は、…

  5. 生産管理システムと 進化しつつある製造業

    製造業の経営

    工場内の見える化を促進。生産管理システムと進化しつつある製造業

    製造業は、長年の人手不足や事業承継が難しい中小企業が多くある状況です。…

  6. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業における生産管理は、手動とシステムに分かれます。実際、人手不足や…

カテゴリーから探す

  1. 用語集

    製造業用語集(A〜Z)
  2. 在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫

    在庫管理

    在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫
  3. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法
  4. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは
  5. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
PAGE TOP