生産管理システムの導入に失敗する原因とは?失敗パターンについても解説

在庫管理

生産管理システムの導入に失敗する原因とは?失敗パターンについても解説

生産管理システムは、上手く導入できれば、人為的ミスの削減やコストカットなど経営の根幹に関わるような問題を解決することができます。しかし、中には導入に失敗し、工数やコストが増加してしまうといった企業もあるのは事実です。

では、なぜメリットが多いように感じられる生産管理システムの導入に失敗してしまうのでしょうか。今回は、生産管理システムの導入の失敗原因と対策、失敗パターンについてみていきましょう。

よくある3つの失敗原因

生産管理システムの導入に失敗するよくある原因は、以下3つの要素が挙げられます。どれも導入に必要な手順を省いている・そもそもの考え方が間違っているなどの準備不足が要因だといえるでしょう。

  1. 導入目的が伝わっていない(クリアしたい課題など)
  2. 現状分析及び課題解決の方法の話合いが不足している
  3. 現状のシステム運用や考え方を無理やり新しいシステムにあてはめようとする

中でも現状のシステムの流れを新しいシステムに無理やり当てはめるというパターンは少なくありません。この場合は、手法にこだわらず今までと同様の成果を生産管理システムで出すためにはどうしたらいいのかを検討しなくてはなりません。

例えば、新しい製品を作成する際にはその仕様や手順だけでなく、何のために生産し、どんな価値を顧客に提供するのかまで検討する企業は多いでしょう。生産管理システムも同様に、目的・目指す成果に合わせてシステムを選択する必要があります。

加えて、生産管理システムを導入するメリットは、あくまでも企業の課題を解決するための手段として選びやすいという理由からです。AIの活用やIoT機器も企業の課題を解決するための1つの手段に過ぎない点を意識する必要があります。

スペックでは選ばない

生産管理システムに限った話ではないものの、自社の課題を解決できないシステムでは、どのような機能を持っていても意味はありません。例えば、生産・在庫・品質は製造業であれば全て管理する必要があります。

実際に、自社の業務に照らし合わせてその機能が使えるかどうかは導入前に綿密な打ち合わせができれば失敗を回避可能です。しかし、現場の内容を把握しないままシステムを導入しても全く意味はありません。場合によっては、余計に工数が増えるだけでなく、今まで生産できていたものが生産できなくなる可能性があります。

そのため、スペックによって全ての業務をカバーするという考え方ではなく、自社の課題を解決できる製品であれば導入するという視点が大切です。

操作が難しいものは事前の打ち合わせが必要

生産管理システムも含めて、業務の効率化を図れるシステムは企業の抱える課題によって反映しなければならない規模が大きく異なります。例えば、生産管理業務を行う担当者がよく使用する書類の定型業務を自動化するなどであれば、大規模な変更はないといえます。しかし、工程内の異常を素早く察知したいただの要件であれば、機器や PC のシステムと連携できるかどうかといった点から考えなければなりません。

そして、そういった課題をクリアできることがわかったとしてもシステムの操作が難しければ、使いこなせない可能性が出てきます。この場合は、最初の単位でスタートしつつシステムに慣れる、あくまでも精算業務に影響を及ぼさない範囲から使ってみる、研修などによってフォローアップするなどの工夫が必要です。

失敗パターンから対策を学ぼう

生産管理システムの導入に失敗する理由や原因をふまえたうえで、ここではよく見かける失敗パターンについて詳しくみていきましょう。失敗パターンと対策を知れば、自社で生産管理システムを導入する場合に失敗する確率を引き下げることが可能です。

システムの導入目的が一部にしか伝わっていなかった

生産管理システムは工場の生産体系に影響を与えるシステムです。しかし、何の説明もなくシステムを投入しても各部門ごとの課題がある場合、その課題の解決のみに焦点を当ててしまいがちです。

場合によっては、システム導入目的を一部にしか伝えておらず、部門間で情報の受け取りにずれが生じる可能性もあるでしょう。

この場合の対策は、システム導入目的を全体に伝えたうえで部門長だけで会議を行い、それぞれの課題を出し合ったうえで優先順位を検討していく必要があります。

部門ごとの課題に対して、「その部門の担当者が解決すればいい」と考えがちであるものの、部門の課題は工場全体の課題の1つです。そのため、それぞれの課題が経営や製品の生産に対してどのような影響を与えるのか、冷静に分析し対処していく必要があります。

高額な追加費用の発生

生産管理システムは製品によっては、導入した後でも機能を変更することが可能です。しかし、基本的に追加の仕様変更は高額となることが多く、その費用に頭を悩ませることになってしまいます。

対策としては、最初から現場に合わせたシステムの導入を慎重に行うことが大切です。一刻も早く古いシステムから脱却したいと思うものの、その古いシステムによって製品を生産していることを忘れてはなりません。

そのため、現状のシステムでできることが新しいシステムに変えた場合にできるのかをサービス提供者であるベンダーと綿密に話し合う必要があります。高額な追加費用を避けるためにも、導入の段階での話合いが最も大事だといえます。

導入に失敗しないためのポイント

生産管理システムを導入する場合、以下のポイントを意識しましょう。

  • 自社の課題の徹底的な分析
  • 自社に合わせたシステムの比較
  • 複数の課題の優先順位付け

どれもシステムの導入前に準備できる項目です。さらにいえば、生産管理システムを導入する前の準備が万全であるほど、導入に失敗する確率は下がるといえるでしょう。

加えて、生産工程における課題は1つだけではなく複数あることも少なくありません。その場合は、最も解決したい課題からシステムで対応できるかどうかを検討してみましょう。例えば、全ての課題を解決できるシステムがあったとしても、大規模なシステム運用が必要となるケースは少なくありません。

その場合は、コストと解説できる課題の費用対効果が似合うかどうかを入念に計算する必要があります。ちなみにベンダーによっては、本格的な導入の前にテストが可能であるため、そういった点も問い合わせておきましょう。

まとめ

生産管理システムを導入し、失敗するパターンは企業側の準備不足であることが多いといえます。例えば、生産管理システムの機能と自社の生産工程がマッチングするかどうかはサービスの提供者であるベンダーと入念な話合いを行えば、失敗パターンにつながることはないでしょう。

また、経営層だけではなく実際に作業する従業員などにも意見を聞きつつ導入していく必要があります。新しいシステムを導入する場合には、どうしても負担を強いることになる点を把握したうえで、どのように導入すれば全員が戸惑うことなくシステムを運用できるのか、本格的な導入の前に検討しましょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

また、トライアルキャンペーンも実施していますので、生産管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

調達管理業務における課題とシステム化の重要性とは調達管理業務における課題とシステム化の重要性とは前のページ

 これでわかる!「ねじの基礎知識」ロック加工の種類とロック材次のページロック加工の種類とロック材

関連記事

  1. 棚卸減耗損ってなに?計算方法や決算仕訳など正確な棚卸に役立つノウハウをわかりやすく解説

    原価管理

    棚卸減耗損ってなに?計算方法や決算仕訳など正確な棚卸に役立つノウハウをわかりやすく解説

    製造業では、正確な棚卸を行うことで、決算時の利益を正確に算出することが…

  2. 生産管理業務が属人化する原因と予防するための方法を解説

    製造業の経営

    生産管理業務が属人化する原因と予防するための方法を解説

    生産管理は、工場内の製品作りに対する管理業務です。コストの把握だけでな…

  3. 在庫管理とは?

    在庫管理

    在庫管理とは?基礎知識から効率的な管理方法まで分かりやすく解説

    製造業の運営などでは、在庫管理の適正化が事業に大きな影響を与えます。在…

  4. 製造業はDXで変わる|効率化のツボは準備・進捗・棚卸にあり

    原価管理

    製造業はDXで変わる!効率化のツボは準備・進捗・棚卸にあり

    製造業を取り巻く環境は厳しさを増しています。原材料費は高騰し、生き…

  5. 経営の分岐点?システム導入による製造業の改善事例

    製造業の経営

    経営の分岐点?システム導入による製造業の改善事例

    業務改善は、多くの製造業で求められる取り組みですが、改善施策で思うよう…

  6. MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    原価管理

    MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    日本の製造業では、生産管理システムと並んで MES を取り入れている企…

カテゴリーから探す

  1. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説
  2. 材料・素材

    ウイットネジの規格・寸法・読み方
  3. 製造業の部品在庫を 効率的に管理する方法とは

    在庫管理

    製造業の部品在庫を効率的に管理する方法とは
  4. 【2021年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較

    在庫管理

    【2022年最新】無料で使えるおすすめ在庫管理ソフト5選!機能や使いやすさを比較…
  5. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
PAGE TOP