製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

在庫管理

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)とは? メリット・デメリットをわかりやすく解説!

ものづくり大国と呼ばれる、世界に技術力を誇ってきた日本の製造業。

製造業では、現場の力が強く、これまで培ってきた現場のノウハウを、IT業界でもない製造業で、どうDX化するのか、DX化する必要性があるのかと思われるかもしれません。しかし、技術力の高い日本の製造業だからこそ現場の技術とITの技術とをあわせることで、更なる生産性の向上や新しい製品の開発につながることができるのです。

今回は、製造業のDXとは?そのメリットとデメリットについて紹介します。

製造業のDXとは?

製造業におけるDX化と言っても、そもそもDXが何かわからなければ、進めていくことができません。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念のことです。

製造業においても、少子高齢化による労働力不足をはじめに高い技術者の人材不足や激しいニーズ変化への対応など、さまざまな課題を抱えており、国際的にも競争力が低下することが懸念されています。しかし、ITやAIなどのデジタル技術を用いたDX化に取り組むことで、生産性や顧客満足度が高まり、企業の競争力を取り戻すことができるでしょう。

製造業のDX化のメリットとは?

製造業がDX化する4つのメリットをご紹介します。

業務の効率化

老朽化した基幹業務システムいわゆるレガシーシステムをデジタル化させることでレガシーシステムから脱却でき、システムの維持・運営・保守にかかっていたコストを削減することができ、かつ、受発注・生産管理・生産・流通・販売・アフターサービスに至るあらゆる情報やデータを集約させることで、業務が効率化され、生産性が向上します。

技術・技能の承継

少子高齢化が進む中で、技術・技能の承継が進まないといった課題を多くの製造業が抱えています。熟練者が長年培った技術を承継できなかった場合、今までと同じ精度の製品を生産することが困難となり、生産性が大きく低下する可能性や、技術を絶やしてしまう危険性がでてきます。技術をデジタル化し、業務の自動化を進めていくことでスムーズな承継ができるようになります。

人材不足の解消

2050年には、現在の3分の2にまで減少するといわれている労働人口。現場だけの力に頼らず、生産工程を機械化したり、作業を仕組み化することができれば、限られた人材で効率的にまわせるようになります。

企業の競争力強化

DX化により、生産性アップや市場ニーズを意識した製品開発を行っていくことで、従来にはなかった新しい製品やビジネスを提供が可能となり、企業の競争力強化ができるようになります

製造業のDX化のデメリットとは?

効果をすぐに実感できない

DX化は、事例もまだまだ少なく、企業や工場によって成功事例も違ってくるため、システムが合わなかったり、理想の結果に繋がらないこともあり、効果を実感するまでに時間がかかることがあります。

コストがかかる

DX推進を担う人材の確保や、DX化の効果を実感するまで既存のシステムも並行して活用するため、長期的な資金の確保が必要となることもあり、多大なコストがかかる可能性があります。

まとめ

今回は「製造業のDXとは?そのメリットとデメリット」について紹介しました。

製造業のDX化にはコストがかかったり、効果をすぐに実感できないといったデメリットがある一方で、DX化を達成できたときには、業務の効率化、生産性の向上、スムーズな技術の承継、人材不足の解消、企業の競争力アップなど大きな成果を得ることができます。

製造業のDXは、課題を明確にしたうえで、長期的な計画を立て、試行錯誤を繰り返し行い、取り組みやすいところから少しづつ計画を達成していくことが重要です。参考にしてみてください。

製造業のDX化なら

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

また、トライアルキャンペーンも実施していますので、生産管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

見える化して在庫管理を無駄なく進める方法とは?見える化して在庫管理を無駄なく進める方法とは?前のページ

生産管理とは?ソフト利用者も知っておきたい生産管理のリスクと解決案次のページソフト利用者も知っておきたい生産管理のリスクと解決案

関連記事

  1. 製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業の経営

    製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業が抱える問題は人材不足や設備投資だけでなく、業務そのものにもあり…

  2. 【製造業向け】在庫管理の簡略化を実現|QRコード管理で在庫管理を楽に

    在庫管理

    在庫管理の簡略化を実現!QRコード管理で製造業の在庫管理を楽に

    在庫とは、単に販売前の製品や商品のみを意味するわけではありません。将来…

  3. 製造業が抱える在庫管理の課題は診断で見える化

    在庫管理

    製造業が抱える在庫管理の課題は診断で見える化

    製造業と在庫管理は切っても切れない関係です。消耗品や部品のコストロスは…

  4. ソフト利用者も知っておきたい生産管理のリスクと解決案

    在庫管理

    生産管理とは?ソフト利用者も知っておきたい生産管理のリスクと解決案

    1.生産管理とは製造業とは、一般的には”モノを製造して…

  5. 生産管理システムとAIの関係性とは

    原価管理

    生産管理システムとAIの関係性とは

    製造業においては、生産管理システムや AI を活用したうえで生産性の向…

  6. 在庫管理でおすすめのアプリは?無料・有料のメリットデメリットを徹底比較

    在庫管理

    在庫管理でおすすめのアプリは?無料・有料のメリットデメリットを徹底比較

    製造業が無駄を減らし、効率をあげるためには在庫管理が大切です。手軽に在…

カテゴリーから探す

  1. 材料・素材

    ウイットネジの規格・寸法・読み方
  2. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説
  3. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法
  4. これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方

    材料・素材

    これでわかる!「ねじの基礎知識」タッピンねじの種類と使い方
  5. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは
PAGE TOP